あなたもミニマリストですか?

ここであなたにお伝えできることは「ミニマリストになる方法!」とか「ミニマリストになってもらいたい!」など、そういうことを強制して進めるという事ではなく、

ミニマリスト的な思考を持っていると「人生を効率よく生きる上での取捨選択」や「必要最低限の選択」を行なうことが容易になることをお伝えできればよいと思っています。

理想の人生を追及できていますか

自分が追い求めている理想って、誰でも
ざっくりとでも持っていると思います。

その理想は、ただの理想で終わらせてしまうのでしょうか?

人間、やってやれないことはないと言われます。

理想が手に入らないのは、やっていないだけ!

もしくは、やり方がわからないだけです。

それを、決して誰かのせいにしたり、
誰かを頼りすぎてはいけません。

すべて、自分自身で解決しないといけないのです。

k6

でも、人間という生き物は、自分に甘いモノです。

やらなければいけないことだけれど、

それが苦手なことや嫌なことである場合は、
先延ばしにする傾向が強いです。

先延ばしにすることが習慣となっている人は、
理想を手に入れることが難しい傾向があります。

自己管理ができない奴はダメだ

理想の人生が手に入らないことに、
自己管理能力が関わってきます。

自己管理と健康管理は違うモノです。

自己管理という大きな枠の中に、
健康管理という分野が入っている状態です。

昔、若いころに、

「自己管理ができない奴はダメだ!」
と、バイト先のおじさんに言われました。

その言葉は、30年経っても耳から離れることはありません。

k1

始めはその意味すら分からず、
健康管理のことを言っているのだと思っていました。

実は、そうではなく、

自分に備わっている、自己防衛能力、自己抑制力、精神力、健康、肉体、頭脳、対人、倫理、経済力など、管理すること全てを言っているモノと気づきました。

考えてみれば、当たり前のことなのですが、
現代の人にはそれら全てが備わっているわけではありません。

どれかが欠けていることで、どこかで社会に反するような、
おかしなことが起こってしまいます。

ランニングひとつでも人生は変わる

実は、ランニングを続けると自己管理能力が養われることになるんです。

ランニングを続けるという事は、まず、精神力や継続力がついてきます。

続けていくことで、そのうち健康的にも良い方向に向いていきます。

もちろん肉体的に強くなっていき、免疫力がついてくるので、
もしも風邪を引いたとしても、ランニングしていない時よりも治りが早いです。

1.22

距離を走り続けることで、自分に自信が持てるようになり、
気持ちが向上していくので、仕事やプライベートの面でも良い結果が出てきます。

それがお金に結びつき経済的にも良い方向に向かって行きます。

その結果、理想の人生を追及することができます。

最近の成功している経営者さんはランニングをしたり、
マラソンに参加される方が増えているのもうなずけます。

これで、ランニングが自己管理能力を鍛えられることが、
少しはお分かりいただけたと思います。

ランニングは手軽に精神を鍛えられ、
健康的にもなれる方法なので、ぜひ取り入れていただきたいです。

k8a