バイナリーオプションとFXはどこが違うのか?

FXは株式投資と同様にハイリスクハイリターンと言われるほど、
投資の世界では儲かる可能性のある投資法です。

FXは人によっては儲かり、人によっては大損していると思いますが、
損している方の方が多いのにもかかわらず挑戦するのには
お金に対する執着心が強いからに違いありません。

ここでは、似かよった性質を持つバイナリーオプションとFXについて、

バイナリーオプションとFXはどこか違うのか?
バイナリーオプションとFXとではどちらが儲かるのかを解説します。

FXとは何か?その特徴は?

FXは、外国為替証拠金取引といい、
外貨を買った時の価格と手仕舞いした時の価格の差により、
利益を得る仕組みで取り引する投資法です。

FXの特徴ですが、FXは取引難易度が高く少し複雑になるようです。

FXは、「買い」で始まり「売り」で決済するまでを、
ひとつの取り引き単位として捉えることができます。

取引時間も数時間から数日かかることもありますが、
スキャルピングという短期トレード手法もあります。

運用資金は、レバレッジがあったとしても
最低でも5万円程度は必要になるようです。

しかも、金銭的なリスクも高くなり取り引きする際には注意が必要です。

負けが増えると借金を負う可能性もあるので、
資金に余裕がないと始めることができません。

バイナリーオプションとは何か?

バイナリーオプションは、取り引き終了時の価格が、
エントリー時の価格よりも上がるか下がるかを
二者択一で予測して利益を得る投資方法です。

取引を始めると、締め切りの時間までに
レートが上がっているのか下がっているのかを
ワクワクしながら見守ることができます。

この予測が当たれば、約2倍の取引金額が戻ってくるのですが、
予測が外れてしまうと、取引金額がすべて失われてしまいます。

バイナリーオプションは、締め切り時間までの値動きが、
上がるか下がるかを予想するだけなので仕組みはとてもシンプルです。

>>バイナリーオプションとは何か?初めての方に解説

>>大学生でもできる!バイナリーオプションの魅力

バイナリーオプションの特徴

バイナリーオプションの特徴のひとつとして、
取引する時の難易度が低いことがあり
比較的参入しやすく他の投資よりも勝ちやすいです。

また、業者によっては取り引き額が100円から気軽に始められます。

バイナリーオプションの大きな特徴のひとつには、
バイナリ―業者によっては、30秒や1分などの
短時間の取り引きが可能なことがあります。

このことは仕事の空き時間や、家事の合い間にでも
取り引きができるという事です。

バイナリーオプションの儲けは、取引額の80%~100%程度で、
利率も極めて高いところも特徴として挙げられます。

バイナリーオプションでのリスクは、
取り引き時にかけた金額だけになります。

口座の残高がなくなれば終了になりますが、
勝ち続けることで増やしていくことができます。

それが積み重なれば、エントリー金額を上げていくこともでき、
より口座残高を増やすことができます。

バイナリーオプションはどんな取り引き方法をするのか?

FXや日経225先物などは「証拠金」を利用して取り引きを行う商品です。

「証拠金」というのは、取り引きにより損失が生じた場合でも
決済ができるように一定額の金銭を預けておく資金のことです。

この証拠金を使用した取り引きのことを「証拠金取り引き」といいます。

FXや日経225先物など証拠金を利用して取り引きを行う商品では、
株式投資のように売買の都度、代金を受け渡す必要はなく、

「差金決済」といって、決済時に売買によって生じた
損益を受け渡す取引になります。

バイナリーオプションの場合は「証拠金」というものはないですが、
口座には、トレード時にエントリーできるくらいの
資金だけは入金しておかなければいけません。

バイナリーオプションとFXの決定的な違いは何か?

資金による違い

FXでは「証拠金」が必要となりますが、バイナリーオプションは
「証拠金」が必要ないのでFXより始めやすいです。

口座にエントリーできる資金だけ入っていれば問題ないです。

バイナリーオプションは、1,000円などの低資金でもトレードできるので
比較的まとまった資金が必要なFXよりもはじめやすいことがメリットです。

バイナリーオプションは、為替相場や世界情勢に関する知識が
FXほど必要はないのですが、最低限チャートを読み取れる力がないと、
勝ち続けることはできません。

バイナリーオプションはリスクも少なく済みますが、
リターンもFXよりも小さいので、もしも大きく勝ちたいのであれば
掛け金を最大限に上げて、勝率を上げて回数を増やしていくしかないです。

しかし、エントリー回数を増やしていくことは、
負けを増やす確率も高くなりますので、

初心者の方がエントリー回数を増やすことは現実的には難しく、
勝率を上げて勝てる力を確実に養うしかありません。

リスクによる違い

持っているポジションの損益がある一定レベルに達したときに、
更なる損失の拡大を未然に防ぐために、そのポジションを強制的に
決済することを「ロスカット」といいますが、

FXの場合「ロスカット」や「追証(追加保証金)」があるのに対し、
バイナリーオプションにはそれがありません。

「追証(おいしょう)」は、レバレッジを利用するための
担保となる証拠金が不足し、追加で必要になるお金のことです。

FXで投資を行なう際には、相場の大変動により
予期できない大きなダメージを喰らってしまうこともありますが、
バイナリーオプションにはそのような心配はありません。

バイナリーオプションのリスクは、負けた時に消えていく資金だけになります。

バイナリーオプションは、勝つと掛け金が倍率によって戻り、
負けたら掛け金の全てがなくなるので、FXや株のよな投資手法よりも
ギャンブル性の高い競馬や競輪などに近いかもしれません。

しかし、投資金に対する勝ち負けも明確で
投資資金以上の損失が出ることがないので、
その点では安心して投資が出来ます。

大きく損失をだす心配があるのかないのかが、
FXとバイナリーオプションの大きな違いになると思います。

まとめるとFXとバイナリーオプションの違いは、

・トレード時の金額が多いか少ないか
・為替相場や世界情勢に関する知識の必要度
・ロスカットや追証を伴うか伴わないか
・リスクが大きいか小さいか
・投資金に対する勝ちと負けが明確であるか

などこれらの違いがあります。

初心者はバイナリーオプションとFXのどちらを始めたらよいか?

バイナリーオプションとFXのどちらを
始めたらよいかは各個人の資金額にもよります。

バイナリーオプションとFXのどちらもまだ始めていない初心者の場合は、
バイナリーオプションでデモ取り引きから始めることをおすすめします。

デモ取り引きで勝つ続けることが出来るようになったら
実際に実弾を投入してみて実践してみるという
次のステップに移っていけばよいと思います。

いきなり実践しても勝ち続けることはできませんし、
負けは見えていますので、ギャンブルをやるような
ムダなことはしない方がよいです。

ハイリスクハイリターンの投資がやりたいのであればFXを行なうとよいです。
ローリスクローリターン(投資金しだいで中リスク中リターン)の
投資をやりたければバイナリーオプションを選ぶとよいでしょう。

バイナリーオプションとFXとではどっちが儲かる?

バイナリーオプションとFXの利益の出る仕組みは次のようなものになります。

バイナリーオプションは、エントリー時の価格よりも
上がるか下がるかの予測が当たった場合に
取引額の約80%~100%の金額が払い戻されます。

FXは、エントリー時に買った価格と決済した価格の
差額分によって利益が生まれます。

バイナリーオプションとFXは似ている感じはしますが、
全く違う投資なので、初心者の方が始める場合は
リスクも含めて投資方法や資金量によっても選ばれるとよいです。

さて、現実的に見た場合、

バイナリーオプションとFXとではどっちが儲かると思いますか?

それは、

人それぞれのようなので、

一概にはどちらが儲かるとは言えないようです。

バイナリーオプションが向いている方は
そちらが勝つ可能性は高いと思いますし、

FXが向いている方はそちらが勝つ可能性は高いと思います。

バイナリーオプションとFXのどちらを選ぶのかは、

生活するためのお金以外で、しかも潤沢な余剰資金を
お持ちであればFXを楽しむことをおすすめします。

しかし、バイナリーオプションも意外と潤沢な余剰資金が
ないとできませんので、どちらが良いとは言えませんが、

資金的なリスクが高いですが、いずれはリターンが高い
FXに挑戦したいと思われる方が多いと思います。