自分史って紙で作るんじゃないの?
そう思った方は、正しいと思います。

でも私はあえて、自分史はホームページで作った方が、いろいろなことで都合が良いと思いました。
そこで、自分史はホームページ形式で作るという方向性でこれからお伝えしていこうと思います。
9.29-3

自分史とはいったい何?

いまさらですが、自分史(じぶんし)って知っていますか?
自分史の定義みたいなのは、自分自身の一生あるいは半生の出来事を文章化したもののようです。つまり自分の歴史を文章や画像でまとめたものです。

似たようなもので自叙伝(じじょでん)というものがあります。自叙伝というのは、ビジネスや地域に対する活動などで大きな成功を遂げた、その個人の生涯の事業・事績を中心とした記録などです。早い話が、自分史を作る人たちよりも、ちょっと「有名人的な感じの人の伝記」みたいな感じですね。

自分史は1980年代以降、自費出版が比較的簡単にできるようになったおかげで、自分史をまとめて一冊の「紙媒体の書籍」として発行する人達も増えているようです。今まで全然知らなかったけど、結構古くから出版とかやっていたんですね。

自分史を作る意味はなに?

自分史に興味のない方にはわからないかもしれませんが、なぜこのような動きがおこっているのかというと、全ての方に当てはまるかわからないですが、おそらく、

・自分が生きたあかしを残したいという思いがあるからだと思います。あるいは、
・昔を思い出し、あの時あんなことがあったから忘れないように、すぐに自分や他人が思い出せるように文字や画像で残しておきたい。あるいは、
・故人になった時、家族や身内の人に残して、自分のことをずっと思っていてほしいという願いがある。

歴史というものは曖昧なもので、後世に伝える人によって良くも悪くもなります。だから自分の生きていた時の存在を、できれば良いものとして残しておくことは、プライドの高い方にとっては必須かもしれませんね。
これらのようないろいろな思いがあるのかもしれません。

自分の歴史は、写真があれば、写真を見た時はその時のことを思いだしたりするかもしれません。しかし、人の心や頭の中の思い出は、年数が経つとあやふやな幻想に近いものになり、はっきりと残る可能性がなくなります。

便利な世の中になったので、もしも生きている今、画像にしておけばまだ動いている自分を残せるかもしれません。
9.29-5
しかし、

いずれ、

死んだら終わりです。

何かの形で自分史や遺言などを残しておかないと、それで終わり、何も伝わりません。

はたしてそれでよいと思いますか?

若くても、昨日まで元気だったのに、突然いなくなる可能性の高い世の中です。金持ちだから自分の存在があったことを何かの形で残すとか、貧乏だから残さないとかではなく、人間は平等に生きていた価値や思い出があります。

自分史のことを意識してしまった以上、あなたが生きている今この瞬間に、真剣になって考えておいた方がよいかもしれませんよ。ホームページを作るのも結構時間がかかりますしね。

自分史を「紙媒体」と「ホームページ形式」で作る違いはあるの?

自分史を考えた場合、私は「紙媒体」ではなく、インターネットに繋がる「ホームページ形式」でパソコンやスマートフォンですぐに見れるようにしておくのが便利だと感じました。

その理由は、
「紙媒体」の場合、
直に読みやすいメリットはありますが、劣化したり、破れたり、燃えたり、流されたりすればなくなることもありますし、何十万円もかけたわりに数ページから数十ページを作成したら完了なので、手直しや追加作業もできないです。

「ホームページ」の場合、
・文字数の制限がないだけでなく、写真が何万枚でも貼り付けられるし、動画があれば入れ込むことも可能です。
・パソコンやスマートフォンを持っていれば、いつでもすぐに見ることができます。
・ページを増やしたければいつでも追加可能ですし、間違って作っていたら編集もできます。
・さらに残った人生に対しても自分史が刻めます。
・「ホームページ」の中で見せたくないページがあれば、パスワードを入力しなければ開くことができないようにもできます。
・必要であれば編集して紙媒体での刊行が可能になります。
・ページ作成に慣れると編集作業が面白くなる可能性もあります。
・世界中の人がいつでも見ることができます。

「紙媒体」と「ホームページ形式」にはこんなに大きな違いがあります。
これほど便利な「ホームページ」という媒体を使って自分史を作らない意味はないと思います。
高齢の方でホームページが全く作れないという場合でも、自分史を「ホームページ形式」で作る作業を”全面的”にお引き受けいたします。

高齢の方だけでなくこれから成長していく子供の自分史はもっと重要

よく子供の写真を撮ってアルバムに貼り付けて、文字や吹き出しを入れてコメントしている子供好きな親がいます。

うちです(^_^)

大好きな子供の成長を綴っているのですから、悪いとはまったく言っておりません。アルバム作りが好きな方にはとても良いことだと思います。
でも、アルバムは「紙媒体」です。そしてけっこう重くて大きなものなので、場所を取り締まっておくスペースがなくなり困ることがあるかと思います。

地震や津波などの震災、台風による川の増水、山の崩壊により土砂の中に埋まったりして家族の思いでのアルバムが消えることだって考えられます。
そのようなことがおこってしまったら、目で確認できる思い出の形がなくなるという事です。

そうなると相当ショックですよね。

9.29-4
そんな時に、子供や家族用の「自分史」???、いや「アルバム」なるものを「ホームページ形式」で作っておくというのも、ひとつの提案です。子供や家族用の「アルバム」を「ホームページ」で作っていくという作業はアルバムで作るのと同じように楽しい作業になるはずです。

・たとえば画像を編集して文字を入れたりすることもできます。
・スマホで撮った何万枚の写真をパソコンに取り込んで貼り付けることもできます。
・そんなことが子供が大きくなるまで、あるいはその先も、いくらでもできるんです。

ホームページが作れない方のために、子供や家族用の「アルバム」作りの作業をお手伝いします。

ホームページのページ作成は、文字を書き込むことと、画像を貼り付けることくらいで、意外と簡単なので追々教えることもできます。

どちらかというと、ホームページ作成よりは、画像作成編集の方がメインになるかもしれませんよ。