以前私は測量会社で働いていました。

頭をペコペコ下げて歩く営業とかではなく、
主に山の中の現場でバリバリ体力を使って稼ぐ
パワフルサラリーマンです。

重い器材や杭を背負って、全く人が入り込んでいない
自然の山の中に入り込むのでかなりの体力が要ります。

雨の日も雪の日も外現場での作業です。

日中体力を使い果たし会社へ戻ってきますが
仕事はそこで終わりではないのです。

そこからまた新たな仕事が生まれます。

会社へ戻って何をするのかというと
次の日の作業をするためのデータ整理の仕事です。

それが夜中の12時を回ることはしょっちゅうです。

17時から24時まで休みなしで働く時は
一日2回仕事をしているかのようです。

もちろん飯なしです。

それは早朝5時に出勤して100km以上離れた現場へ行き
作業を終えて夜遅く戻ってきた時でも同じです。

そんな時我に返ってふと思いましたね。

いつまでこんなことしているんだろう・・・と

会社にこき使われている。

?そこで感じたのは、サラリーマンというのはつくづく
リスクの大きい働き方だということです。

給与を得るかもしれませんが、代わりに
時間など失われるものが大きすぎるのです。

たいていの人は働く場所も、働く時間も、休む日も選べません。

来る日も来る日も仕事をし続けて、ようやく
生活できる程度のお給料をもらうだけです。

過労死するほど会社に貢献して結果を出しても、
給料がいきなり月収100万を超えるというような夢は、
サラリーマンをやっている以上ないでしょう。

そしてそれは会社に徹底的にがんじがらめにされ
人生を奪われている生活です。

自由な時間がない超きついサラリーマン人生

当時入社した時、会社の規定では仕事が終わるのは17時でした。

しかし私が入社したその日、上位から言われた一言は

「定時は21時だから!」
「土日祝日出勤は当たり前だから!」

いきなり顔がひきつりました。

なんか違うな・・・。

悟りました。

結局12年勤めた会社はうつを発症したという理由で退社しました。

正解だったと思います。

その会社はうつで辞めた人100人中10人もいる会社ですから。

うつ発症率10%と高確率で大当たりです。

ギャンブルなら間違いなく大儲けです。

サラリーマンって生活が本当に不自由なんです。

  • 仕事があるから気軽に長期旅行に行けない
  • 目覚ましが鳴っても聞こえないくらい疲れているのに仕事に行かなければならない
  • 体調が悪くても無理に出勤する
  • 夢や趣味を諦めなければならないほど仕事中心の生活
  • ストレスが溜まるほど嫌だけれど仕事だから満員電車に揉まれる
  • いつも同じ作業をしてほとんどの起きている時間を仕事に費やす
  • 仕事があるので友人や家族との時間を過ごせない
  • 仕事だから狭い職場に1日中拘束される
  • 好きな服装や髪型ができない
  • 暮らしたい場所で暮らせない
  • しかもどれだけ努力したところで、定年を迎えて白髪になるまでは、
    そうした生活から解放される見込みが一切ないんです。

    日本人はホントに我慢強いです。

    私は我慢強くないので外国人かもしれません^^

    自由な時間を選択するのはあなた自身

    私が前の会社を退社した理由は、自由な時間が
    手に入らないことが恐ろしく感じたからです。

    定年後に残された少ない時間を必死に楽しむのもいいですが、
    それでは遅すぎると薄々感じている方もいると思います。

    楽しもうと思った時には、周りに誰もいないということに気づくはずです。

    私は体力や時間があるうちに子供達と
    やりたいことを精一杯やりたかったのです。

    人生は一度きりなので、しかもいつ死ぬか分かんないですから。

    ネットビジネスで稼げるようになってから
    人生は少しずつ変わってきています。

    会社にストレスを感じないで自由な時間を費やす人生に。

    以前は「安定」の二文字がサラリーマンの一番のメリットでした。

    しかし今のご時世を見てください。

    サラリーマンのメリットであるはずの「安定」さえ揺らいでいますよね。

    今のうちに収入の柱をいくつか持っていれば、
    いきなりリストラを食らった時でも安心していられます。

    結局あなたが自分の人生を決めるわけですが

  • 人より少し頭を使い、少ない労働時間で大きな収入と時間を得るのがいいか、
  • 人生のほとんどを安い賃金で会社に徹底的にこき使われ
       自由のない奴隷のように労働し続けるのがいいのか
  • 年をとってくると体が言う事を聞かなくなります。

    体や脳が動くのは若い時だけなんです。

    どちらがかしこい生き方かは、あなたならわかるはずです。