山は下界よりも涼しいと言われてますが、真夏のトレッキングは動いていることもあり汗をかきますよね。

特に私は汗の臭いがおしっこ臭くなる体質で汗をかく量も多く、トレッキングをしてもスポーツをしてもおしっこの匂いがしていました。

だから汗をかくたびにTシャツをポリ袋に入れて臭いをシャットアウトしていました。

5.28-6

やっぱり汗はおしっこ臭い

登山道が整備されている所はありがたいですね。

若い頃、測量の仕事で道のない国有林の山を重い機材を背負って
汗だくになりながら 1週間歩き通しで仕事していたことがあります。

登山のように道があるわけでなく、いつ遭難してもおかしくないような山で
もちろん熊も出るような山なので熊よけの鈴をつけていました。

20kgもある機材を背負っているので汗だくですし、
日が暮れる前に下山しないといけないので休みなしです。

雨が降ればカッパを着て歩くので蒸れて汗の量は半端なく
山の天気は変わりやすく大変なことがその時初めてわかりました。

それほど過酷な労働条件のもとで、汗だくになりながら仕事していたことを思い出します。

それと比べると普通の登山道は、歩ける道がちゃんと整備されてあるし、休憩もできるし、天国のようです。

でも登山道が整備されていても、汗はかくのでその臭いはおしっこクサイんですよね。

あなたは自分の汗のニオイが気になりますか?
どんな汗のニオイがしますか?

発汗性を重視ならポリエステル

山登りを年に数回しますが、突然変わる天気には懲りているので、天気予報などを見て完璧に 1日中晴れている日以外は登らないようにして登っています。

ということは、晴れているし気温が高い可能性が高いので汗をかく確率がグンと高くなります。

いつもは汗を吸い取るように綿のTシャツを着ていました。

でもしだいに、ほんとに綿のTシャツで汗を吸い取るのは良いことなのかなと思うようになりました。

よくスポーツをする人たちはポリエステルのTシャツを着ていたので、試しにポリエステルのTシャツを着てみました。

そうしたら汗はすぐに乾いてなくなることがわかりました。

綿は汗を吸い取りますが、発汗性はないので取り替える必要があります。

それに対して、ポリエステルは発汗性があるので
汗が吹き飛び濡れた感じがなくなりすぐに乾きます。

汗は乾きますが、匂いはどうなのかというと、
汗がおしっこ臭かった私の場合でもそれほど臭くないようです。

ポリエステルでも匂いはする

でも、ポリエステルでも汗の臭いが匂いという方もいるようです。

Tシャツを洗濯しただけでは、繊維の奥に眠っている汗の匂い成分は取れず
汗をかくたびにその記憶された匂いが蘇って出てくるようです。

それはポリエステルだけでなく綿のTシャツでも起こります。

私の場合はどちらかというと、綿のTシャツの方の匂いがひどい感じです。

このポリエステルと綿で比較しても個人差や体質があるので、どちらの素材にしたらよいのかは、各自で試してみて合ったものを着るしかないようです。

トレッキングの時汗臭さが気になるならこの素材のTシャツ

トレッキングをしていて臭い汗をかいてしまうなら、
どの素材のTシャツを着たらよいか迷うと思います。

私は自分の汗臭さに散々悩んだ結果、ポリエステルを着るという発見で、
臭い汗の匂いを 8割くらいは克服できていて自分的には満足しています。

でも全ての方にポリエステルの素材が合うとも限りません。

そこで私は、できれば全ての人の臭い汗の匂いを取れるTシャツはないか?
そう思ってネットで探してみたら・・・ありました。

そこで購入してみて、
d5a

本当に匂いがなくなるTシャツなのか、とても天気の良い日でとても暑い日の登山日に、
その Tシャツ を着て山に登り体験してみました。

1日山に登って下山しました。

さて温泉に入ろうかと思って着替えている時に、その匂いを嗅いでみました。

すると、不思議なことになんの匂いもしないんです。

1日登山してけっこう汗をかいたのに、今までさんざん臭い汗の匂いで悩んでいたのに、
Tシャツ 1枚で汗の匂いがとれるのですから、これはすごいと思いました。

見る限りふつうのTシャツです。
d13b

これは首元がV型のタイプですが、Uのタイプと女性用もあります。

登山をする時にクサイ汗の匂いが気になる方には、このTシャツはきっと役立ちますよ。

>> 登山で汗をかいても臭わない Tシャツ

楽しくトレッキングをされる 100人中 17人が、初めてでも登れるように、この 登山教室DVD で事前に学習して、事故防止などに役立てているようです。
>> 楽しくトレッキングができる登山教室DVD