「ダメな自分を変えたい!」と思っている方はよくいますよね。

良く聞くのが「痩せないといけない!」・・・

そのようなことを口走ってしまう方は多いですが、痩せた人を見たことがありません。

「ネットで100万円稼ぐぞ!」・・・

言わなければよいものを、いまだに無職です。

ウソつき呼ばわりされてみんなに相手にされません。

そういう方に限って願望だけが口から突発的に先走ってしまい、現実的な変わるための行動をとっていないんです。

変わることを恐怖に思っている

願望は高いけど実際になにか行動を起こさない限り、何も変わらないことは理解できますよね。

でもそうなりたいという願望を口に出して言うことは簡単ですが、その反面実は心の奥では変わりたくないとなぜか思ってしまうんです。

それはどういうことなのかと言うと、今の状況から変わるのが怖いから。

それがどんなに理想の高い願望だとしても変わるのが怖いので、恐怖と向き合うくらいなら変わらない方が良いと思ってしまうのです。

痩せるのは理想だけれど、なぜか痩せるのが怖い・・・
痩せてしまったらどうしよう・・・

本当は痩せたいと心の中では思っているのですが、理解しがたいことですが人間の思考にはこのようなことが起こっているので、普段考えていることが実は本心ではないんです。

願望としてただ思っているだけでは仕方がないことで、現実としてどういう行動を起こし、現実としてどのような経験をした結果、その願望は理想に近づいていくわけです。

望んだことは、現実に変わる可能性はあるかもしれないけれども、普段考えていることが本当の思考ではないということです。

願望だけは誰でも思い描くことができるわけですが、行動しない限り当然現実が変わるわけがないのです。

この時に、もしも自分の願望を変えようと本気で思ったら、今の状況を変えようとする決意という思考が生まれます。

この決意こそが、人生を変える一番初めの思考です。

その決意によって、どんな目的を達成するために行動を起こせばよいのか、時系列にいつまでにどのような目標を達成していかなければならないのかが明確になってくるでしょう。