私は過去に10km走れたことをきっかけにトライアスロンをやってみようと思い、息継ぎなしでやっと25m泳げる程度の水泳から独学で泳ぎ始め、その結果1kmを泳げるようになっていました。

もちろん息継ぎしてです^^

決して早くは泳げませんが、距離を泳ぐことは案外できるものだということを発見しました。

1km泳ぐのに30分かかりますが、ジョギングと比べるとどっちが楽かと言えば、ゆっくりであれば水泳の方が楽です。

疲れたら少しずつ進んで浮いていればよいのですから。

ジョギングも疲れたら休めばよいのでしょうが、やっぱり水泳の方が楽な気がします。

断っておきますが、これはジョギングも水泳もゆっくり進むことが前提での比較です。

これがスピード重視で比較したら水の抵抗が半端なくそれだけ全身の筋肉を使い疲れるので、水泳の方がハードだと思います。

ジョギングと水泳どっちが痩せるのか

それでは、ジョギングと水泳どっちが痩せるのかということについて触れたいと思います。

私の体験をもとに伝えるとすれば、水泳は毎日通ってもハードな練習をしても痩せることはなかったです。

筋肉はついた感じはしますが脂肪は落ちた感じはありません。
カロリー消費が半端ないので、家に帰ってからそれ以上に食べますし、水泳しても痩せるどころの話ではないです。

ジョギングだったら毎日続けていれば半年もすれば10kg落ちますし、
私の体験からも水泳しても半年で10kgはどう考えても落ちないでしょう。

だから痩せるのにはジョギングが適していると思います。

あとジョギングを続けると足、特に足首とふくらはぎは引き締まって細くなりますよ。
今まで入らなかったキッチキチのズボンが入るようになったくらいですから。

水泳すると逆に足も太くなります。
娘の足も昔は細かったのに水泳を続けていたらぞうさんに近づいてきました。

水の抵抗がいかにすごいのかこれでわかると思います。

痩せようと思うのでしたら、ゆっくりでも続けられるジョギングか
ハードな水泳をして泳いだ後にバク食いしないことです。

どちらも毎日続けないと意味はないですが、そのどちらかが良いと思います。

目的別スイム改善プログラムDVD

あなたの水泳にお役立て下さい。

タイトル解説
>> ストリームライン改善


スピードアップができない泳ぎの邪魔になる水の抵抗を劇的に減らすための、悪い泳ぎの姿勢を正すDVD
>> 女性用平泳ぎスピードアップ


筋力に頼らないでスピードを上げる、女性スイマー用に開発された平泳ぎスピードアッププログラム
>> 子供水泳上達


水が怖い幼児・子供が短時間で泳げるようになり、さらに水泳が上達するためのDVD
>> スピードアップ


トレーニングを繰り返してもタイムが縮まらないあと1秒の壁を越えるために効率的に泳げるスピードアップDVD
>> 自由形スピードアップ


練習をしてもタイムを縮めることが出来ない、後半失速しないための、自由形に特化したスピードアップDVD
> バタフライスピードアップ


抵抗の少ない呼吸・推進力を生むドルフィンキック・良いストロークでたくさん進み・浮き上がり&ターン、スピードが出ないバタフライを矯正するDVD
>> 背泳ぎスピードアップ


下半身の左右のぶれ、プルの空振り、プルとキックのタイミングが難しくキックの推進力の弱さを矯正しスピードアップするDVD
>> スタート&ターン攻略

ターンで失速、タイムロスしないためにターンの回転力をパワーアップする方法などスタート&ターン専門のDVD