昔私は長い距離を走ることが大嫌いでした。

短距離走は好きではないのですが得意で、小学校の時はいつもリレーの選手でした。

でもいくら足が速くても走ることが嫌いだったので、自ら足を遅くしようと意識した結果、リレーの選手からはずされ私は相当喜んだ記憶があります。

一度怠けクセがつくと戻りづらい

中学の時は野球をしていたのですが、ここでは小学校の時のように足が遅いのは
リレーの選手からははずされるどころの話ではなく、相手にすらされないのです。

過去に自ら意識的に足を遅くしようと努力したのに、今頃後悔したって仕方がないのですが、成長しようとしない自分にバチでもあたったのでしょう。

それが嫌で、それからは今度は努力して足が速くなろうとしていました。
でも一度怠け癖がついてしまうとそこから抜けることは容易ではありません。

足はそこそこ速くなれたのですが、昔のようにものすごく速いというわけではないです。
まして長距離は大の苦手で努力しようとしても3km以上走ることができずに伸び悩みました。

その結果一定ラインで成長はストップしたまま、その後は下降しながら大人になりました。

気づけることで早く成長できる

社会人になり高校の時に始めたバドミントンを再び始めることになり
嫌でも長距離を走らないといけないことになりました。

やはり3kmの壁は越えられず数年経ち、ふとある時にその壁を越えてみたら
そのあとはすんなり距離を伸ばしていきいつの間にか10km走れるようになっていました。

10km走れることに次第に自信を感じて、なにか面白みを覚えていた自分がいました。

もしかして壁は自分で作っていたのかも・・・とその時感じました。

どんなに越えられない壁があっても何かの拍子や意識を変えることで、突然越えられることがあります。

それを気づける時がくれば幸運ですが、ほとんどの場合は途中でやめたり気づけないでいることの方が多く、それは意識がどれだけそこに向いているかが重要な問題です。

なんとなくやっていたら壁は越えられないでしょう。
何も考えずに惰性のように続けていても越えられません。

何か少しでも微妙な変化を感じ取るだけで、
「あっ」これって・・・と気づきを得ることがあります。

その時が変化する分岐点になる可能性が高く、それに早く気づけることが自分を成長させられることだと思います。

どんなに嫌なことでも目標があればできるようになる

さて、嫌なことは続けられない方がほとんどだと思いますが、嫌なことの先に目的がある場合もあります。

たとえば水泳の例をあげると、
普段の練習は超ハードできついく、小学生でも2時間3時間泳ぎっぱなしは普通です。

そのためにまだ精神的にもろく、根を上げてやめていく子供たちは大きです。

でもやめない子供たちもいます。
それはなぜでしょう?

続けられている子供たちは何か続けられる理由や目標を持っているから、どんなにきつくてもやめないと感じられます。

それはたとえばトップまで登ってみたいとか、オリンピックにでてみたいとか、上の方を目標にしている子供たちが残れているようです。

人間は熱しやすく冷めやすいですから、どんなにオリンピックに出たいと思ってもその気持ちはいつまでも変わらないわけはないです。

そのことからもオリンピックだけが目標というわけではないようです。水泳を通して友達ができたり何か自分にメリットがあることが生まれたことに気づけたから続けているのだと思います。

辛くても練習を続けられている理由は、やめたらそのメリットがなくなるから。

その一言だろうと思います。

だからつらいことでも頑張れる。

それも一つの目標だと思います。

ジョギングも同じだと思います。