ジョギングをしていると、いつもと変わらずに走っているのに苦しい時ってありますよね。

「今日は調子がいいぞ!」と初めてもなぜか前に進まない、なんてこともあると思います。

そんな時はどうしたらよいのでしょう。

思わぬ記録がでる集中力

人間の気持ちや意識は毎日一緒ではないことを実感したことはないですか?

それは走りにも影響します。

走り始める前に調子がよさそうでも、走り始めると筋肉が調子が悪いのか体が思うように動かないことがあります。

この症状は走りすぎて筋肉が疲れている時にも起こり得ることかもしれませんが、多くの場合はそうではなく、走る時の気持ちが走りに集中していない時に起こるようです。

たとえば、自分では気にしていないようでもなにか悩み事があって脳が潜在的に感じていて、体に集中力を欠く症状を引き起こさせていることだって考えられます。

いろいろなスポーツでも集中力によって記録が生まれたり、潜在的な力を発揮する時もあります。
もちろんその記録を出すためには日ごろの練習を怠らないことが最低限必要になります。

私も過去にバドミントンをしていたころにこの状態に何度も訪れたことがありました。集中力が高い時は対戦相手が格上であろうとも善戦します。

よく格下の人が格上の人を目指して追い越すように努力していずれ追い越すというようなことがあります。それは日ごろの練習でも培われるでしょうし、何よりも精神力が強くなることで集中力が高くなります。

その鍛錬が最高潮に達した時に試合で理想の集中力を得られた時に、格上の人を追い越します。

何を言いたいのかというと、集中力を絶やさず継続できればどんなことでもうまくいく可能性はあるということです。

これはジョギングにも当てはまります。

なんで苦しい気持ちになって走る時があるのか?

それは、どこかでスイッチが切れて集中力がなくなったからです。

いつもの惰性で走られている方はいつもと変わらず普通に走れるのかもしれませんが、
日課となっていないような方が走る時は違います。

負の感情がどこかに生まれる時があります。

違う不安を抱え込みながら走る時があります。

要はジョギングに集中できていないんです。

楽に走るには脳に錯覚をおこさせる

ではどうしたらジョギングに集中して楽に走ることができるのでしょうか?

それは、いったん「無」になることです。

「無」の状態で走ることは難しいかもしれませんが、最低でも

「苦しい!」とか
「お腹が減った~!」とか

負の感情で走ることは一番いけないことなので、楽しいことを思い浮かべる方が良い方向に行きます。

何も考えずに「無」で走ることが一番の理想ですが、「無」で走るといっても何かしらの思いが自分に入り込んでくるはずです。

「無」で走ることは慣れないと非常に難しいです。

そこで活躍するのが「無」で走るためのアイテムとして、ウオークマンなどで音楽などを聞きながら走ると気持ちは「無」になれます。

自分の意識は「無」だけれども耳から音楽が入り、足だけが勝手に動くので結果的に楽に走れるようになります。

人間の体はうまくできているもので、集中は大事ですが
その逆の意識を分散することでも思わぬ成果を得られることもあるようです。

ジョギングがまさにこの意識分散の方法が役に立ちます。

ジョギングがつらいと感じたらウオークマンで音楽でも聞きながら意識分散して走ることをおすすめします。