「不健康になりたい~!」なんて思うちょっとひねくれた方はよぽど健康な人なんでしょう。
あるいはなにか理由があってそう思うのかもしれませんね。

でもほとんどの方は、ずーっと健康でいたいと思うはずです。

私もそのうちの一人です^^

不健康は身を滅ぼす第一歩

私はジョギングを始めてから風邪らしい風邪を引いたことがありません。

インフルエンザの予防接種すら15年以上受けていませんが1度も感染していませんし、
子供たちが学校でウイルスをもらってきた時もうつりませんでした。

しかし、
心臓の病で体調を壊してから、健康について、人生について考え改めさせられました。
死の恐怖を十分に味わったことがそうさせたのです。

心臓を悪くした原因は自分でもよくわかっていました。

なんてことはない、完璧な運動不足です。

私は今まで運動しかしてこなかった人間ですが、
独立とともに忙しさが増し運動を一切しなくなりました。

運動していたころと同じように体を駆使していたために、
「もうそれ以上は無理できない!」と心臓が悲鳴を上げたのでしょう。

あの時点で気が付いてよかったと思います。
じゃなかったら今私はここにいません。

それが私が体験した不健康な過去の話です。

その結果始めたのがジョギングというわけです。

あれから7年も経ちましたが健康的な生活を送れています。

健康維持は難しい

健康を維持することって簡単だと思いますか?

人間には心にも体にも、良い時もあれば悪い時もある波のあるサイクルが訪れると思っています。

風邪をひいたり体調を壊す時って、その悪いサイクルにマッチした時に起こるような気がします。

だから、いくら健康に気を付けていても体調を壊す時もあります。
逆に不健康に暮らしていても体に異変が訪れることがない場合もあります。

免疫力が低下したからとか不健康になったからとか、もちろんそれもあると思いますが
それ以前に健康のサイクルも気にしたほうが良いかと思います。

ではそのサイクルをどうやって見極めるのかというと、
それは、良くわかりません。

だから常に健康を維持してそのサイクルを見極めていくしかないのです。

健康を維持するコツは、私が7年以上風邪を引いたことがないジョギングが適していると思います。

効いているのかいないのか訳のわからないサプリの健康食品なんかでごまかされるよりずっと健康的です。

そのサプリを飲んで健康になれる科学的な根拠があるのでしょうか?

何かに頼りたい気持ちはわかります。
でも精神的に楽になれるかもしれませんが、そんなもので健康的になれるわけありません。

体の中から心肺機能、新陳代謝を意識的に変えていかないと人間は変わらないんです。

面倒くさがらずに全くお金のかからないジョギングやウオーキングなどを続けるだけで健康になれるんです。

早く目を覚まして、健康になれない思い込みはやめた方が良いです。

それも健康維持のコツのひとつです。