せっかく体力をつけようとしたら風邪をひいてしまった、なんてことをしょっちゅう聞きます。

私の友人も地区のマラソン大会に召集され練習しなければならないからとジョギング始めたらしいです。

すると次の日マスクして咳している彼に出会いました。どうやら風邪をひいたらしいです(ー_ー)!!

あなたも「いきなり環境が変わったり突然以前と違うことをしたら、とんでもないことが待ち受けていた!」なんてことを過去に体験されたことはありませんか?

環境を変えたら大参事

たとえば私の場合、車のマフラーを変えたら30分後に事故ったんです。

信じられないですが本当の話!

どういうことかというと、実はこのマフラーはやや音がうるさいマフラーなんです。ややです^^

20年も昔は改造車が流行っていて周りの人たちはほぼ改造車に乗っていました。
マフラーの音も「ボボボボッ」と重低音が遠くまで響きわたるような、たまに走っている超迷惑なあの車の音です。

私もみんながやっているからそれに便乗して「ボボボボッ」の車にしてみたい願望があったんでしょうね。

今では規制が厳しくなりそれほど走ってはいませんが、昔は石を投げれば「ボボボボッ」の改造車のどれかに当たるほどたくさん走っていました。
その中の1台が私が所有している車です。

その事故った日はノーマルのマフラーから重低音のうるさいマフラーに変えた日で、試運転して音を確かめている途中での出来事です。時間にして交換してからわずか30分!

その時は免許を取って1年は経っていたんですが、車を購入してから1ヵ月後のことで、相当なショックを受けました。精神的にもショックを受けていた時に、その事故現場にちょうど友人2人が通りかかったことでなんとか心の傷は取り戻すことができました。

ジョギングで風邪を引いた話からだいぶ遠くなりましたが、結局今までとは違ったことをした時は何が起こるかわからないので気を付けた方が良いです。いきなり大きなことをしようとはしないで徐々に慎重に慣らしていくにことが良いことだということが言いたいんです。

突然のジョギングって心肺機能にだいぶ負担がかかります。

いきなり小さい風船に自転車の空気入れで思いっきり空気を入れるようなものです。そうではなくて、小さい風船でも口で徐々に優しく空気を入れるように慣らしながら入れることが大事なんです。

1年もジョギングしていないで、いきなり思いっきり走ったら私だって心肺機能がおかされて風邪ひいちゃいます。

嫌で慣れないことはできればやらない方が良いのですが、そうもいかあないことはあります。

そんな時は時間をかけて徐々に慣らしながらの調整を心がけるように!