けっこう私も昔から腰の痛みに悩まされ続けました。

昔20歳の時バイトで重いものをもったりして腰を痛めて以来、いろんな治療法を探し続けました。

椎間板ヘルニアではなかったらしいですが、当時旧型のヘルニアとか言われましたが、病院の先生もよくわかってないようでした。

その痛みは座っていても腰がズキズキして長い時間座ってられないくらいでした。

痛みに耐えられなくなった私は、リハビリ専門の病院に行って腰に注射を3回、ブロック注射を1回打ってもらい、その後腰に筋肉をつける運動をしたら完全ではないですが、いつのまにかズキズキはおさまり普通に生活はできるようになりました。

でも、今でも右足の側面がしびれるような感じがたまにあったり、ズキズキ痛いわけではないですが、ピンポイントで右の腰部分が重苦しく違和感があります。

腰を回してグギッっと鳴らす気持ちよくなって一時よくなりますが、娘の腰を見てもらっているカイロプラクティックの先生によるとそれは良くないらしいです。

でもその行為が慢性化しているし、
気持ちが良いからどうしようもないです。

ジョギングの時の腰の痛み

ジョギングしている時に私は腰は痛くないですが、
終わった後に急に痛くなったり違和感があることがあります。

たぶんそれは腰を中心とした姿勢が悪く走っているからだと自分では思っています。

横から自分の体を見たとき、真っ直ぐならよいのですが、
お腹が前に出てお尻が後ろに出た感じで走っていると、
上半身の体重が腰に負担をかけ痛くなることになります。

これは猫背でも同じことで、悪い姿勢で走っていると腰が痛くなるようです。

腰の痛みを与えないための運動

ジョギングの時に腰に痛みを与えないようにするには、
ジョギングの時の姿勢をよくするとよいようです。

でも疲れてくるとお腹の当たりの筋肉が緩んできて、
結局お腹が出てお尻が出る姿勢に変わってしまいます。

これを回避するために、ジョギング前に腹筋背筋を鍛える
「ローラー」をやってから走るとよいです。
11.2roler
腹筋するとお腹の筋肉が固く締まりますよね。

このローラーをやることで腹筋背筋が締まり
その影響で姿勢を真っ直ぐに保つことができるようです。

なのでローラーをやってから走ると腰痛の軽減になるかと思います。

ローラーをやる時、初めはキツイので膝つけてやるとやりやすいです。

無理すると逆に腰を痛める恐れがあるので
自分に合った回数でやるように気を付けてください。

もうひとつ腰を傷めない方法ですが、ローラーを全くやる気のない方は
ジョギングしている最中におへそを引っ込めながら走ると、腹筋背筋に力がかかってバランス良い姿勢が保たれて腰に負担がかからないようになります。
これは簡単でお勧めですが意識してやらないと、知らない間におへそが出て力がゆるんでしまします。

ランナーで腰痛の人、特に椎間板ヘルニアが多いようですが、明らかにオーバーワークのようです。

私は腰を悪くしたくないので、効果の高いと感じたこの 腰痛にならない走り方 を取り入れてマイペースで走っています。

何事も無理は禁物です。