娘の中学校の入学式の話

つい最近小学校の入学式をしたばかりのようでしたが
あれから6年経ったと思うと、時間のスピードが恐ろしい!(´;ω;`)

反抗期な娘にとってどんな3年間になるのだかとっても楽しみです。

私にとっても中学校3年間は充実していました。

ところがですよ、小学校の時には、相当な超おバカでした。

ドラえもんに出てくるのび太のような、
いや、のび太以下の人間で、勉強はきらい、
テストはもちろん0点続出。

人間関係も自分からは話をした覚えがないほど
内気というか、話すことさえ面倒くさいと思う子供でした。

唯一、運動神経だけが良かったことが救いでした。

周りの人達を感動の渦にしてしまうほど
運動だけは得意で、体育の時間だけは好きでしたね。

もしも運動ができない子供だったら・・・今の自分はない。

今思うと、ゾッとします。

中学に上がるとき、今の自分が嫌で
自分を変えようと決心しました。

運良く新聞のチラシに、
英語と数学の塾の案内が入ってきました。

できるのか不安はありましたが、塾の場所も家から近いことから
とりあえずやってみようということになりました。

塾初日行ってみると、半分は知っている友達ばかりでした。

安心した瞬間です。

知らない人たちばかりだったらどうしよう、とか思っていました。

塾に入ってわかったことがあります。

塾の方が学校の勉強よりも早く進むので
学校でやることが復習に思え、全部簡単で面白かったです。

小学校の時には感じることのできないことでした。

塾の教え方もわかりやすいし、

同じ教科書を勉強しているのに
なんでこんなに違うんだろうと不思議でした。

多分、塾に入っていなくて、学校だけの勉強しかしていなかったら
小学校の延長で超おバカだったと確信できます。

中学校に上がる時の、あの時の気持ちの切り替えは
人生において一番重要な決断だったと思います。

極端なことを言えば、あの時の
チラシ1枚で人生が変わったようなものです。

どこで人生が変わるかわかりません。

もちろん変わろうと思わなければ
それすら見つかるわけがありません。

人生の転機をまだ見つけられていない方は、

今ではインターネットなんて便利なものがあるので
いろんな情報を得ることができます。

ただ、ほとんどがガセやウソ、詐欺的なものが多いので
情報の多すぎるネットに依存してしまうと逆に犯罪に
巻き込まれたりする恐れがあります。

ネットを使うときに気をつけることは、

まず、人の情報を間に受けて信じないこと。

参考程度に自分に取り込むことです。

私は他人の情報を信じ続けて300万円も情報にお金を費やし
結局、得たことはネットはウソや詐欺ばかりという情報でした。

他人を信じるのではなく、
自分しか信じることができないことも分かりました。

何かに依存することは危険極まりないです。

自分を変えたければ、自分の意識を変えるしかないんです。

さて、あなたが自分の意識を切り替える時期はいつですか?

その時期は、早いほうがよさそうですね。

だって、何かに依存していたらそれに振り回されて
自分も時間も失い、終わりが来た時に後悔するのは目に見えてますから

いつ終が来るかわからない世の中ですしね^^