学校の先生って、1年間の授業で教科書1冊を
決められた期限内で終わらせますよね。

いつも思うんですが、それって実は
すごいことだと思うんです。

頭の良い子もいますし、できの悪い子もいます。

授業中にどんなハプニングがあるかわかりません。

忙しい中、緻密に1年間の計画を立てるんでしょうね。

頭が下がります。

そういう私もうまくいってもいかなくても
3年くらい先までは、けっこう緻密な予定を立てています。

簡易的なら、死ぬ間際(70歳くらい)までは
大まかな予定を立てています。

逆に予定を立てないほうが、人生を損していると思います。

では、その緻密な予定とは・・・

緻密な予定の立て方

たとえばですよ、

まず、70歳までの予定をたてるなら、

70歳からカウントダウンするように逆算していくわけです。

うまく想像できないときは、例えば、仮に今 45歳だとすると

5年後の50歳くらいから現在まで
カウントダウンして来ると考えやすいです。

  • 5年後には、自分はどうありたい・・・
  • 3年後には、自分はどうありたい・・・
  • 1年後には、自分はどうありたい・・・
  • 半年後には、自分はどうありたい・・・
  • 3ヶ月後には、自分はどうありたい・・・
  • 1ヶ月後には、自分はどうありたい・・・
  • 10日後には、自分はどうありたい・・・
  • あすは、自分はどうありたい・・・
  • じゃぁ、今何をしたらいい?
  • 1ヶ月後くらいには、立てた予定って
    もしかしたら途中で変わっているかもしれません。

    でもいいんです。

    今、自分の頭の中に思い描いている
    目的や目標を達成する方向に向かっていきさえすれば。

    最終的な目的に向かっていけてればいいんです。

    さらに直近の 1ヶ月間はさらに緻密に計画を練るんです。

    30日のうち初めの 7日間はなにをする・・・

    次の7日は何をする・・・

    7日をさらに 1日ごとのスケジュールにわけて行きます。

  • 今日は何をする・・・
  • あすは何をする・・・
  • あさっては何をする・・・
  • ここまで来ると、日毎、週ごと、月ごと、年間と
    人生のスケジュールを組めますね^^

    なんの計画もなく、周りも見えず、ただ一生懸命に
    毎日を過ごしているだけでは先が全く見えてきません。

    気がついた時には、周りに誰もいなくなっていた・・・
    なんてことも考えられます。

    最終的な目的を果たすためには、
    「何かをするため」には、「何をしたらよいのか」に
    時間を割り振りしていく必要があるんです。

    これってハマると結構面白いですよ。

    1ヶ月に1度くらい見直してみますので
    私はいつもワクワクして先のことを考えたり
    修正したりします。

    かならずどこかで実践していることは変わったりしますので
    その都度修正したり、考え直したりすることが楽しいです。

    とんでもないことを思いついたりする時もあります。

    人生の軌道がずれている時もあります。

    最終的な目的自体がずれる時もあります。

    未来を自分の思うようにできるのでワクワクします。

    意識すれば、自分で未来を変えることができるんです。

    これって素晴らしいことではないですか?

    何も考えないから、平凡な毎日が過ぎていくだけ!

    何かを考えるから、その先に素晴らしいことが待っている!

    人間って、脳みそを一生に4%くらいしか使ってないらしいです。

    もっと頭を使わないとダメです。

    やりたいことをどんどん考えないとダメです。

  • あなたは一体何をしたいんですか?
  • 楽をしたいんですか?
  • 楽をするために何をすればいいんですか?
  • お金が必要なんですか?
  • お金は仕事をすれば稼げるんですか?
  • コキ使われて働けばいいんですか?
  • 自分でやりたいことをしてお金を稼げばいいんですか?
  • お金を稼いだらその先には何があるんですか?
  • お金があれば幸せになれるんですか?
  • 時間は有効に使えてますか?
  • 常に健康でいられてますか?
  • 死ぬ時に後悔はしませんか?
  • こんなことを考えて、あなたがこれから先のことを
    時間を有効に使って過ごすことを願っています。

    >>何かお役にたてるかもしれないです