私は以前、バドミントンで1度だけ県で優勝したことがあります。

バドミントンはダブルスとシングルスがあるわけですが私はシングルス派です。

ここで、なんでシングルスで優勝できたかというと

「努力したからです。」

・・・なんてありきたりなことは言いません。

一番大きな理由は、バドミントンは好きだけれどダブルスが嫌いだからです。

たったそれだけのことです。

なのでシングルスだけ専門的に練習してました。

シングルスとダブルスではどっちがキツイのかというと
シングルスの方が体力的にきついです。

試合中、一人で絶えず縦横無尽に動いていなといけないのでね。

ダブルスはラリーのスピードは早いですが
シングルス程動かないのでスピードに
ついていければ楽です。

でも私は体力的にきついシングルスのほうが
ダブルスよりも好きでなんです。


その最大の理由は

「人間関係!」

バドミントンでも人間関係ってあるんですよ!

ダブルスは2人でペアを組みます。

嫌いな人と組むと最悪です。

モチベーションは下がり、集中力はなくなります。

早く試合終わらないかなぁとさえ思うようにもなります。

なんで気が合わないかというと、

元々ペアの人を嫌いな場合がありますし、
ペアの人が自分よりもヘタな場合もありますし、

一番は、自分の性格が悪いことが大きな原因かと思います。(´;ω;`)

その人の体調なんかもあるので
極端なことを言うと、試合でミスが多くなると
試合中にペアの人を嫌いになったりする場合もあります。

このような理由から、私はダブルスから逃げたくて
きつくても一人で楽しいシングルスを専門に
自分を磨き上げて優勝したのです。

何か自分が他人を気づかえない悪者に思えてきました。゚(゚´Д`゚)゚

それはもう20年も前の話なので今とは多分違う人格の自分です。(*´∀`*)

結果が出ない人は、過去の私のようにすぐに人のせいにします。

例えば、バドミントンでいえばダブルスで負けた場合
そのようなことが起こるかもしれません。

ペアの人に当たり散らしたりして、
ペアの人は負けた挙句に気分が悪く散々です。

その人とはもうペアを組みたくないかもしれません。

仕事やどんなことにも言えますが、結果が出ないからと
他人のせいにするのは良くないです。

逆に、結果が出る人は自分のせいにします。

例えば、バドミントンでいうシングルスです。

一人でプレーするので、結果が出せず負けるのは
自分のせいだから他人のせいにはできません。

自分自身を変えないと結果は出ません。

逆に自分自身を変えさえすれば結果は出やすいんです。

他人の気持ちや心を変えることは、
よほどの信頼関係などがない限り難しいです。

もしかしたら私は人間関係がうまくいかなかったので
もうこれ以上他人を傷つけたくないという思いから
シングルスに逃げていたのかもしれませんね。

これらの例でもお分かりかと思いますが、

バドミントンでいう、シングルスとダブルスでは
どちらが結果を出しやすいと思いますか?

それぞれメリットとデメリットはあります。

スピードは必要だが体力はシングルさほど必要とせず
人間関係を楽しみながら結果を出したいのなら「ダブルス」です。

全部一人でやらないといけないので体力的に超ハードだが、
面倒な人間関係を断ち、自分を鍛え上げ自分との戦いを
極めたいのなら「シングルス」です。

ちなみに私は後者のシングルス派です。

「結果が出ない人は人のせいにして、
 結果が出る人は自分のせいにします。」

私は、バドミントンでシングルスとダブルス
この2つを体験したことで、自分の悪いところが
ようやくわかった気がします。

今では歳なのでダブルスがメインでうまく活動しています。

昔の私のようにワンマンな人もいますけどね。゚(゚´Д`゚)゚

その人と組むと、やはり「あぁ、嫌だ」と思いますが
そこは今までの経験でうまくやっています。

大人ですから^^