今は80歳くらいまで生きることは普通になってきました。

でもその寿命、言い方は悪いかもしれませんが、
80歳という寿命を細かく分析すると

もしかしたら、

病気によって、薬の投与によって辛い思いをしながら
生きる機会を与えられているのかもしれません。

ベットの上で寝たきりになりながらも
生かされているのかもしれません。

最悪の場合、意識がなくても家族の意向で
人工呼吸器をつけながら生きているのかもしれません。

同じ80歳という、生きる状態を見てみても、

健康に生きるのと病気を抱えながら辛い思いをして生きるのでは
もしかしたら生きることの感じ方が違うのかもしれません。

寿命を予め知っていたら平凡に生きる時間はなくなる

健康な人は、普通になに不自由なく
やりたいことをして楽しく生きていきたいと思うでしょう。

病気で今は何もできない人は、早く治りたいと思い
治ってからやりたいことをして生きようと思うでしょう。

でも今現在健康な人の生き方って、明日があるさ的な生き方をしているので
やりたいことも先延ばしにして、結局やりたいことに行き着く確率は低いんです。

でも病気をしている人の意識は切羽詰った状態なので、
計画的で且つやりたいことが凝縮されてそれに向かっているんですよね。

だから達成感も強いんです。

私は、人生を後悔しないように死ぬ間際まで
楽しく好きなことをすべてやり尽くしたいです。

死の恐怖を過去に味わっているので
毎日計画表に書いてそれに則って生きています。

行き当たりばったりの生活は、
無駄に時間を使う生き方は、極力避けたいからです。

80歳という寿命は今の話であって、20年後はわかりません。

もっと伸びているかもしれませんし、
逆に何かの理由で50歳くらいになっているかもしれません。

ちなみに戦時中の寿命は、若者がみんな
戦争に行って亡くなったために50代と聞いたことがあります。

いつ戦争が起こっても不思議ではない時代ですし、

化学兵器や、新型の細菌によって
人類が犯され始めているのは事実です。

私はせいぜい良くて70歳くらいが寿命かと思って今生きています。

あと23年です゚(゚´Д`゚)゚

もしかしたら持病のせいで、明日にでもコロッと逝ってしまうかもしれません。^^

子供が成人するまでは生き延びたいとは思いますし
その頃までには全てやりたいことをやり尽くしておきたいとは思っています。

楽をして生きていきたいとかそういうことではなく
限りある人生の時間を有効に使っていきたいのです。

ただ平凡に毎日を送っていくのではなく・・・
ただヒマという時間を送っているのではなく・・・

そのためにもジョギングしています。

若い頃を思い出すと、やりたいことが見つからなかったので
ヒマという言葉しか出てきませんでした。

だからゲームに走ったり
ナンパに走ったり
パチンコに走ったり

時間の使い方がわかりませんでした。

やりたいことが見つかるまでは時間の使い方が
わからず辛いかもしれません。

それを克服してしまうと、
時間が足らなくて逆に辛くなってきます。

今ではテレビを見ることを極力避けるようになりました。

テレビを見ていると時間があっという間に過ぎますし
ボケるのも早いと思うのでね^^

過去の自分にも言いたいのですが、人生は短いのに、スマホなどヒマをつぶして1日を生きている人は絶対に損をしています。
hima

今やりたいことが見つからなくても今のまま何もしないでいると、そのままズルズルと時間ばかりが過ぎてやりたいことを探すことすら意識できなくなります。

サラリーマンなんかに多いんですが、嫌々仕事をして
知らないうちに定年まで会社にコキ使われて働いていた・・・
なんてかたも多いと思います。

そのような人は、定年後に初めてやりたいことを探すんでしょうか?

それこそ時間の無駄です。

定年になったら仕事を辞めたから時間が有り余っているのではなく、

逆にカウントダウンが始まっていると考えなくてはならず、
意識して毎日を有効に使わなくてはいけないんです。

若くても歳をとっていても寿命はいつ来るかわかりません。

悔いが残らないように、悔いを残さないような1日を過ごしてください。