人生はいろんなことを経験して夢に向かっていったほうが自分にとってプラスに働きます。

しかし、なかなか小さい頃の夢を叶えられる人は
多くはいないのは事実です。

日本の経済がおかしいとか、
そういう問題も少しはあると思いますが、

一番の原因は、自分の思考にあると思います。

小さい頃の夢を叶えられる人って
相当真が強い人間だと思いませんか?

だって、自分の考えがそれに向かって
既に固まっているんですよ。

実際「それしかない!」と思うほうが、
不思議だし、逆に怖いです。

子供の頃に将来が決まっている子供の心理は?

私は今は庭師ですが、この歳になっても
まだまだやりたいことってたくさんあるんです。

趣味だけでなく、仕事もです。

この歳でさえ自分の思考がまだ固まっていないのに、
子供の頃にすでになりたい自分に向かっているなんて
すごいことだと思います。

実際そういう子供は、実家が病院をやっていたり
会社をやっているから継がなくてはならなかったりと、

ほとんどは親が無理やりレールを敷いて歩かせてあげて
その上を子供が進んでいることが多いです。

「将来が決まっていていいねぇ」とか
「お金があるからできていいねぇ」とか

いろいろな意見はあると思いますが、
私からしたらそれは少し残酷なことに思えます。

[icon image=”check1-r”]いつも親の言うとおり・・・
[icon image=”check1-r”]いつも親がやってくれる・・・
[icon image=”check1-r”]勉強ばかりして頭でっかちになる・・・
[icon image=”check1-r”]型にはまったことはするが自主性がなくなる・・・
[icon image=”check1-r”]人間関係がうまくいかない・・・
[icon image=”check1-r”]夢へたどり着いたとしてもそれが本当にやりたいことなのかわからなくなる・・・
[icon image=”check1-r”]挫折する・・・
[icon image=”check1-r”]そして人生が嫌になる・・・・・・・・・

自分は自由奔放な性格なので、もしもそのような立場だったら
間違いなく人生が嫌になるタイプだと思います。

決してそれらを否定しているわけではありません。

私は社会人になってやりたいことを色々経験して
自分にあった庭師をしているのですが、
もしかしたらそれだって通過点に過ぎないかもしれません。

次のやりたいことが見つかったら
自由奔放なのでそちらに移行するかと思います。

自分がそういう縛られた環境にいることができないから、
決められたレールの上を進んでいくことが
可愛そうだと感じるわけです。

生きていくためには必要なことですし、
環境が整っていればレールの上を進むことは
理想的だと思います。

では逆に、今までもこれからも自由に生きている人。

やりたいことはあるけど・・・

そういう人に限ってなかなかお金に
結びつかないということが多いです。

でも、人生という短いスパンで考えたら
やりたいことができるということは
素晴らしいことだと思います。

やりたいことでお金が生まれれば
一番人生を後悔しない生き方だとは思います。

そういう環境に変えていくことが
成長であって、自分が進化するための思考です。

しかし、その思考に変化させるために、
もしかしたら誰かに迷惑をかけているかもしれませんし、
何かを犠牲にしているかもしれません。

たいていの場合、その犠牲や迷惑とは
「お金」や「人」「時間」です。

なにか夢を叶えるにはこれらの犠牲がある
ということを覚えていてください。

簡単には夢はかなわないものなのです。
ひとりでは夢はかなわないものが多いんです。

でも、その夢も誰かと共有できる夢なら
達成するのには時間はかからないかもしれません。

[icon image=”check1-r”]協力してくれる人がいる
[icon image=”check1-r”]理解してくれる人がいる

そんな人がいたら、挫折なんかしている暇はありません。
成功するしかないんです。

もしも挫折でもしようものなら
理解者の信頼はなくなるでしょうから・・・

夢を叶えるのも必死なんです(´;ω;`)

もしも夢をかなえられていないのでしたら、
早く夢を叶える思考回路に早くたどり着けるといいですね。^^