よく波乱万丈の人生と言われますが、

私が考えるところによりますと、
人生は何があるかわからないから面白いと思うわけで、
それが辛いことでも、楽しいことでも同じ人生です。

でも悲しいことばかり続くととことん嫌になることもあります。

今年はついてない年だ、だからあまり行動的にならない方が良いだろう・・・
とか、思うときもあります。

でもその年に全く動かないとなると、1年間ほとんど何もしないことになりませんか?

その1年間の間に人生が変わる出来事があるかもしれません。

動かないことで、逆に運が悪くなる時だってあります。

そう考えると、行動してみて失敗したならしょうがないですが
行動もしないで結果も分からずにいると後で後悔しませんか?

時間は限られているし、その時しかできないことだってあります。

特に人間の寿命は限られているので
その与えられた時間に、その瞬間に
やれることをしないとおそらく後悔します。

あの時、あぁすればよかったなんて後で思ってももう遅いんです。

東日本大震災から4年以上経ちましたが、

あの時あぁすればよかった・・・
もっと家族と接していればよかった・・・
違う行動をしていれば誰かの役にたてたかもしれない・・・
自分は今まで何をしてきたんだろう・・・

東日本大震災で私は多くのことを感じ取りました。

今のままでは全然ダメだ。

自分自身が変わらないとダメだ。

もっと時間を大切に有効に使わないとダメだ。

私自身の死の恐怖体験からも時間を大切に使うことについて
もっと考えさせられたのが東日本大震災です。

その東日本大震災の教訓を元に、
この先の人生の時間の使い方がわからない人へ伝えたいことがあります。