子供がまだ幼い幼児だった頃、幼稚園でプール熱にかかったことがあります。

高熱を出したり、人から人に感染ると言われたのでけっこう神経を使った記憶があります。

3.23-2

プール熱ってなに?

プール熱に幼児がかかるというのをよく聞きますが、プール熱っていったいなんなのでしょう。

「プール熱」と呼ばれていますが実は正式な病名は「咽頭結膜熱」(いんとうけつまくねつ)といい、アデノウイルスによる感染で引き起こされる発熱・咽頭炎・結膜炎を伴う急性熱性疾患です。

何で「プール熱」と呼ばれるのかというと、消毒環境の整っていないプールで感染することが多くプールの水を媒介として感染しやすいことからそのように言われています。

季節的には初夏から秋口にかけてプールの利用が一番多い時にかかる夏かぜの一種だと思ってください。

プール熱の症状

プール熱の症状は、次のようなことが起こります。

・強い喉の腫れと結膜炎を伴います
・39~40℃の高熱が4~5日続く
・嘔吐や下痢、耳のリンパ節がはれることもあります

発熱、結膜炎、喉の腫れの3つの症状は必ずしも同時に現れるということでもないようです。

咽頭結膜熱はノドにもウイルスがいるので咳やくしゃみをしても感染る可能性があります。 扁桃腺が腫れると熱が出る傾向が強いので子供が感染らないような対策が必要です。
3.23-3

プール熱の原因

プール熱のウイルスは感染力が非常に強く口や鼻、喉、目の結膜から体内に入り感染します。

特に乳幼児が多く、ウイルスは感染している子どもから排出され口や鼻、喉、目の結膜から体内に入り感染します。

主な感染経路は保育園や幼稚園、学校等のプール、くしゃみや、菌がついている食器やタオルを共用することで感染します。

一番感染りやすい環境は幼稚園などのようです。「園児から園児」が多いですが、それだけでなく「園児→幼稚園の先生→園児」という感染経路も考えられるので幼稚園でもその時期はけっこう神経を使うんじゃないですかね。

うちの子も幼稚園の時にプールが始まったとたん結構たくさんの幼児がプール熱や手足口病の伝染病にかかって毎週のように病院にかかってひどい思いをしました。

プール熱(咽頭結膜熱)とはやり目(流行性角結膜炎)の違い

「プール熱」は咽頭結膜熱で症状は強い喉の腫れと結膜炎や高熱を伴います。

「はやり目」は流行性角結膜炎のことで「はやり目」も「プール熱」と同じでアデノウイルスというウイルスが感染原でおこる病気です。

「はやり目」は白目を覆っている透明な膜が結膜で、はやり目の症状はその結膜が赤くなる充血、腫れたり、まぶたの裏にブツブツができたり、目ヤニが出たり、涙が出たり、痒みがでたり、異物があるようなゴロゴロ感があったりします。

「はやり目」もウイルスが原因でおきるので人に感染る危険性があり、他の結膜炎よりも症状が強いので特に子供に強い症状が出ます。
3.23-4

プール熱は大人は感染しないの?

幼児や子供がプール熱にかかるのはわかった。それではプール熱に大人は感染しないのだろうか?

プール熱は学校保健法では指定伝染病なので、熱が下がっても体内にウイルスがいるためインフルエンザと一緒の考えで、症状が治まってから2日間は登校することができないという厳しい決まりがあるようです。

そしてプール熱は大人にも感染します。

子供が感染して看病するときには注意が必要になります。もしも大人が感染してしまった場合、その症状はノドの痛みが激しい傾向があります。熱や目の症状が軽い分、喉の痛みが激痛になる場合もあるようです。

プール熱の潜伏期間

プール熱は、感染後 4~5日間の潜伏期間があり発病するまでに約 5日~7日ほどかかると言われます。プール熱による初期症状には個人差がありますが、突然 38~40℃の高熱が 4日~1週間続く傾向があります。

プール熱は冬でも起こる

私の子供のようにスイミングスクールに 1年中通っていると言う方も多いようです。

今では水泳は冬でも一年中温水プールを使っているので、ウイルスが原因でおきるプール熱は夏だけでなく 1年中発生する病気になっているようです。

プール熱を治す薬はあるか

プール熱はウイルス性なので治す薬がないようです。

インフルエンザもワクチンも開発するのに何年もかかっています。内科で受診すると気休めに解熱剤と抗生物質くらいは出るかもしれません。1度熱が下がっても 1週間後とかにまた熱が出る場合もあるようです。結局完治するまでに 1ヶ月かかったりする場合もあるようですよ。
3.23-5

プール熱は一度かかると免疫がつくからうつらないか?

プール熱の原因となるアデノウイルスには何種類かの型があると言われます。

数種類の型が一度に流行する可能性は少ないかもしれませんがないとは言えません。

インフルエンザも同じ型なら免疫がついてかからないようですが、プール熱も同じ型のアデノウイルスなら、同じシーズンに再度かかることはないですがもしも違う型なら感染します。

いずれにしても、プール熱に限らず病気を引き起こす病原体はいつ体に入ってくるかわかりませんから、日ごろの手洗い、うがい、プールから出たら目を洗う、お風呂は感染した人が最後に入るなど基本的な対策はとても大切です。

目的別スイム改善プログラムDVD

あなたの水泳にお役立て下さい。

タイトル解説
>> ストリームライン改善


スピードアップができない泳ぎの邪魔になる水の抵抗を劇的に減らすための、悪い泳ぎの姿勢を正すDVD
>> 女性用平泳ぎスピードアップ


筋力に頼らないでスピードを上げる、女性スイマー用に開発された平泳ぎスピードアッププログラム
>> 子供水泳上達


水が怖い幼児・子供が短時間で泳げるようになり、さらに水泳が上達するためのDVD
>> スピードアップ


トレーニングを繰り返してもタイムが縮まらないあと1秒の壁を越えるために効率的に泳げるスピードアップDVD
>> 自由形スピードアップ


練習をしてもタイムを縮めることが出来ない、後半失速しないための、自由形に特化したスピードアップDVD
> バタフライスピードアップ


抵抗の少ない呼吸・推進力を生むドルフィンキック・良いストロークでたくさん進み・浮き上がり&ターン、スピードが出ないバタフライを矯正するDVD
>> 背泳ぎスピードアップ


下半身の左右のぶれ、プルの空振り、プルとキックのタイミングが難しくキックの推進力の弱さを矯正しスピードアップするDVD
>> スタート&ターン攻略

ターンで失速、タイムロスしないためにターンの回転力をパワーアップする方法などスタート&ターン専門のDVD